LOG IN

個と組織のリンゲージメント

by soho21


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

づき・考える・発想力を鍛える

    最もシンプルな「気づき成長マンダラ」のブログ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【気づき】

KM20171213

◆ぐるなび越境学習の効能

今日の日経産業新新聞(HR欄~マネジメントを考える~)に、

ぐるなび上席執行役員の田中潤氏が語る「越境学習の効能」が

載ってている。。

 意識改革を図る「個と組織」のリンゲージメントに関連する記事であり、「気づき・成長マンダラらせん」に関連する内容を含んでいるので拾ってみた。

◆「越境学習」のポイント

①越境学習とは、個と組織の意識改革を図るため、個人や

 組織レベルで外部とのコラボレーション、アライアンスを進められる。

②メリットは、意欲ある社員が自主的に外部に出ることによって、

 学びへのエコサイクルが形成され、

③その成果は組織レベルに還元することができる。

④また、個人レベルでは自分自身の振り返りの機会、

 その延長戦にあるキャリア開発など外部に触れることで

 多くの事に気づくことができる。

⑤さらに、越境学習の醍醐味は、「自分とは何か?」を

 考える時間を持つことが出来、

⑥自分のSWOTに気づくことができる。


⑦この学びのサイクルを持つ個および企業は、変化対応に

  強い組織となる。


⑧越境学制度は、ぐるなびが採用している制度である。


◆どんきほ~て:ナルホド!! なるほど!!

  このような制度のポイントは、個人レベルが気づきを得る具的ツール、

 発想チュールを自装していることだ。「気づき・成長マンダラれせん」は、 

1200年前に弘法大使(空海)が切り開いた思考体系でだ。この活用でテーマについて試行錯誤することによってが明確になる。



soho21
OTHER SNAPS