LOG IN

AI(人工知能)分け前議論(経済産業省)

by soho21


気づき】

KM20171227

◆AI(人工知能)の分け前

今日の日経新聞の一面に、経済産業省が「AIの利益 どう配分」を議論と言う記事がある。これからの産業を支える未知のテーマとして面白い。

 

◆「AI(人工知能)の分け前」議論の内容

①テーマの切口は、AIと言う技術(硬いインフラ、サイト、アリゴ)と、その技術の利用(蓄積データ)に関する議論である。

②中心テーマはAIが活用する蓄積され「データ」をどう取り扱うということである。法的な責任関係の整理である。

 具体的には、蓄積されて賢くなるAIの利用権と分け前の課題だ。

④AIの故障で生じる故障、データ偽造などの事故への対応だ。

 具体的には、AIを搭載した機会の故障、地図データの誤りなど「情報の欠陥」の扱いなど。

⑤データの品質保証

⑥AIの正常な稼働作動をする稼働保障

⑦トラブルの時の立証責任

⑧利用者が間接的に利用する場合の利用者責任の定義とリスク等

 

◆どんきほ~て:ナルホド!! なるほど!!

これからの産業を支えるAI(人工知能)に関する議論だけに未知の面白いテーマだ。産業界の視点だけでなく、消費者にとって間接的に利用する場合の「消費者視点」のリスク議論も必要だ。


soho21
OTHER SNAPS