LOG IN

気づきのロールモデル

by soho21


気づきは宝もの!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気づき・考える・発想力を鍛える

    最もシンプルな「気づき・成長マンダラ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

◆無洗剤ランドリー進化系

今日の日経産業新聞の「Start Up」(アントレプレーナー)に、不動産業からの転身を図った、進化系コインランドリーのWash-Pius(千葉県浦安市)の高橋健太郎社長の事業展開の進め方が掲載されている。

大げさに考えない、気づきをしながら素直で柔軟な事業推進の姿が見えてくる。

 

◆ランドリー進化系の姿

①東日本震災後の不動産事業の転換を考えていた時、飲み会の席で「地方のコインサンドリーが人気」と聞いた(聞いて気づく)。

②半信半疑で調査すると、都心にもまだまだビジネスの余地がありそうだと考えた(仮説の組み立て)

③不動産事務所の1階でコインランドリーを解説(意思決定と実行)

④何か特徴を出そうと思っていた時、妻の一言にヒント。洗剤アレルギー対策を考えた(強みを持つ)

⑤「洗剤の泡が見えないと見えないと客が来ない」と固定観念なかで、「水だけでの洗浄」の選択と方法の試行錯誤。(固定概念の打破と思考だ供御)

⑥失敗も承知で改善に挑戦(飽きれない強い意志)

⑦娘が通う幼稚園の主婦などに口コミとPR作戦の展開。(広報活動)

⑧当初の月間10万円から100万円に。地域の拡大とIT機器の装着で維持コスト削減に取組む。

 

◆どんき~て:ナルホド!! なるほど!!

はっきりした自分の姿の意識があれば➡「聞いて気づき」、「見て気づき」、「話して気づく」{・・・}➡「考える、仮説する」、「調べて検証する」➡PDCAして「動く」➡反省する➡らせんする(上に昇華させる)➡ロ-ルーモデルの拡大・転換。この繰り返しである。

「気づき」はその人のその人が持つ本来の能力ではない。習慣によって養われる素養だ。


soho21
OTHER SNAPS