LOG IN

本:『やってのける』(ハイディ・グラント・ハルバーソン著)

by soho21


KM20180119

【気づき】

◆本:『やってのける』(ハイディ・グラント・ハルバーソン、児島修訳、大和書房、1,600円、2013年刊)を読んでいる。


人は、自分でかかげた目標を達成しようとする時、その人が持つ「心理的な壁、偏見」によって、透明性のある行動が起こせない人が多い。そんな中で「本当に効果的な方法は何か」について書かれた本のようだ。


◆宣伝文句などから:

①「頑張らなくても、体が勝手に動きだす。」

②「意志力を使わずに自分を動かす」

③「科学的に実証されてた無数の方法論」

④「成し遂げるための科学」に溢れる驚くべき快著」

⑤「個と組織のモチベーションの維持向上策」についても触れている。

⑥行動を起すには、「ベストをつくす」ではなく、

⑦「まずは、目標地点を決める」

⑧この本は、「一生ものの宝ものになる筈です」(訳者)



◆どんきほ~て:ナルホド!! なるほど!!

自己啓発物を読み慣れた者には、新しい反対の言葉も多いようで、深い理解に戸惑うところもあるのではないかと思うが、科学的実証に基づくものであるようだ。



soho21
OTHER SNAPS